【知ってた!?】効果も対策も違う2つの紫外線。

[ad#ad1]

文京区の茗荷谷にある美容室、ビューティズムの日置です。

紫外線が強くなる5〜6月。
みなさん紫外線対策はバッチリですか?

実は紫外線には種類があり、それぞれ特徴やお肌におよぼす影響が違うんです。

正しく理解しておかないと、思いがけずお肌の老化を進めてしまうことにもなりますので、この機会に紫外線について知っていただけたらと思います。

ヒオキ ヤスタカ
紫外線を正しく理解して、この夏をむかえましょう。
目次

【知ってた!?】紫外線には種類と特徴があります

肌に影響を及ぼす2つの紫外線

紫外線の中には肌に影響を及ぼすものが2つあります。


引用:KOSEデータより

●UVA・・・肌の奥まで浸透し、シワやたるみなどの光老化を引き起こす原因となります。
肌を黒くさせるのはUVAの仕業です。
※雲や窓ガラスも透過するので注意が必要です。

UVAについてはこちらも↓
【すっぴんが危ない!!】家の中ではメイクしない女性に気をつけてほしい”紫外線対策”

●UVB・・・肌への作用が強く、短時間でも炎症を起こし肌が赤くなります。
シミやそばかすの原因になります。

ヒオキ ヤスタカ
紫外線にも種類と特徴があるんですね!

どうやって守るの??

ではこれらの紫外線からどうやって身を守ればいいのでしょうか?

日焼けどめにはSPFPAという表記があると思います。

それぞれ

SPF→UVBに対する防御力
PA→UVAに対する防御力
と捉えてみてください。

SPFやPAについてはこちらに詳しくまとめてあります↓

【今さら聞けない!?】意外と知らない紫外線用語。

これらの2つの数値が紫外線から肌を守る基準になります。

つまり、目的にあわせて日焼けどめを選ぶということが大事なんです。

まとめ

●お肌に影響をおよぼす紫外線は2種類
●UVAはシワやたるみの原因に
●UVBはシミやそばかすの原因に
●目的にあわせた日焼けどめをつかう

ぜひご自身の日焼けどめも一度確認してみてくださいね。

紫外線対策についてのまとめです↓

ライン@からもご予約・ご相談等、承っております。お気軽にどうぞ↓
友だち追加

〒112-0012
東京都文京区大塚2-1-13
03-5981-9492
ホットペッパービューティー予約受付はこちらから

[ad#ad1]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる